通訳手法

通訳手法の違い

ご検討いただいている通訳の場面によって通訳手法が異なります。

<逐次通訳>

スピーカー(話し手)が話した内容を、一文ごとに通訳します。

スピーカー(話し手)と通訳者が交互に話すので、実際の会話内容の2倍程度時間がかかります

休憩時間を含んだ3時間以内であれば1人の通訳者で対応可能ですが、それを超える場合は、2~3名体制になります。

よく用いられる場面: 会議、商談、研修、視察、など。
<同時通訳>

スピーカー(話し手)と通訳者がほぼ同時に話します。

同時に2名(スピーカーと通訳者)が話すことになりますので、聞き手は通訳者の言葉を耳につける機材を通して聞きます。

通訳者はスピーカー(話し手)の話を聞きながら話すことになるため、大変集中力のいる難易度の高い業務です。このため、1回の通訳は15分程度が限界となり、半日の業務でも2名体制、終日の業務であれば3名以上でのご手配となります。人数等に関してはスケジュールや専門性などによってご相談させて頂きます。

同時通訳の機材等設備が別途必要となるため価格は割高ですが、決められた時間の中で通訳が必要な場合によく用いられます。

よく用いられる場面:国際会議、セミナー、シンポジウム、講演、研修など。
<ウィスパリング通訳>

通訳者が、聞き手のうしろ、あるいは横について、他の方の迷惑にならない程度の小声で通訳します。無線機を通じて行うこともあります。

聞き手が2名程度までに限定される場合に用いられる同時通訳です。

よく用いられる場面:日本人主体の会議に外国人が参加する会議(またその逆)など。

必要な人数の目安

会議の形態によって通訳の人数が異なります。

  同時通訳 逐次通訳
3時間 2名体制 1名体制(休憩時間含む)
3時間以上 3~4名体制 2名体制

お見積もり・お問い合わせ無料

ご発注の有無にかかわらずお気軽にどうぞ

  • 通訳のお問い合わせフォーム
  • フリーダイヤル0120-958-289
  • FAX番号03-3516-7061
  • tsuyaku@glova.co.jp(通訳)